EN | ES | JP

“A la Memoire de J. M. Jacquard” Based on a portrait painted by Claude Bonnefont and woven by Michel Marie Carquillat in Didier Petit et Cie.'s workshop. Lyon, 1839. Source: Wikipedia

カチカチ音をたてる生地の120年の歴史

J.M.リヨン出身のジャカード(1752年〜1834年)の機械織り手は、彼の同時代人(ファルコン、ブション、ヴァンカンソン)のアイデアを開発し、それらを組み合わせて、1人の男だけが操作するダマスク織の生地を織る織機を作りました。この発明の前は、同じ仕事をするために数人の人がいる必要がありました。彼の織機は、1801年のパリ万博で発表されました。この織機は、職を失うことを恐れていた織工(les“ canuts”)によってリヨンで焼かれましたが、実際には、パンチカードに基づくシステムが使用されただけでなく、繊維産業の大きな進歩だけでなく、ファックスやコンピュータなどの他の発明の基礎としても機能しました。発明はフランス政府によって非常に好評であり、ジャガードに軍団の称号を授与し、製造された各織機の量を彼に割り当てました。 1812年に、フランスにはすでに11,000以上の織機がありました。ジャカード織機を使用すると、古いブロケードやシルクだけでなく、綿やその他の繊維を使用して、明るい色の生地を大量に織ることができました。

イグアラダ、サバデル、マンレサ、バルセロナ、繊維産業が常に生命のエンジンであった広い地域。最初は手織り機で紡ぎ、次に川の力で動かし、後に石炭のエネルギーで動かしました。 1880年頃、イグアラダでは水力も石炭も利用できなくなり、他の都市では絹、羊毛、麻と麻が専門になり始めましたが、イグアラダはジャカードマシンの目新しさに賭けていました。したがって、19世紀の終わりの前に、マットレスカバーを作るために使用される私たちの貴重なダマスク生地の歴史が始まります。

1894年、Ca l´Ortinez社はダマスクを専門とする9つの織機を組み込みました。その後、1903年に、この会社とIgualadaの他の会社は約60台の織機を所有しています。このエリアは引き続きダマスクを専門としているため、1932年頃のイグアラダでは、1980年代に最後の工場が閉鎖されるまで、200を超える織機が何百万メートルもの布を生産していました。

"Design for Damask Fabrics to be Executed on a Jacquard Loom, with Compound Harness Attached". THE JACQUARD MACHINE, E. A. POSSELT (1888), Archive.org

これらの生地の製造プロセスは複雑でした。最初に、スケッチからカラーシートに作成された漫画家が、後で生地に現れるパターンの基礎となりました。その後、設計者はこれらの図面を、織機で使用されるさまざまなポイントが表示される「手紙への投稿」の図に渡します。その後、これらの図は、カードのパンチ穴に変換され、一種の針を導きます。縦糸を上げます。一連のスペシャリストを必要とする複雑なシステムですが、逆に、膨大な量の生地を織ることができました。

イグアラダとその地域では、すべての企業にジャカード織機があったわけではありません。多くの考え、壮大なダマスクと競合する生地を作る方法は?彼らは色と生地のタイプを使用して解決策を見つけました。生地として、彼らはツイルとサテンを使用し、さまざまな幅と色のストライプで遊んで、抵抗力があり、成形可能でした。危険で、活気に満ちた、幸せな、または深刻な「クラシック」な組み合わせを作る。これらのタイプの生地は、フレンチ・クーティルからキューティーズと呼ばれていました。

Dominica la colchonera de Getxo. Fuente: MEMORIAS DE GETXO

Matalasser treballant al mig d'un carrer de Girona. Joan Comalat. Fuente: INSPAI

Jaume Alavedra. El matalasser, un ofici perdut. Joana Llordella. Fuente: setsetset.cat

マットレスは、「colchoneras」または「colchoneros」などのマットレスメーカーによって、要求に応じて、ほとんどの場合、原告の家または通り自体の近くの場所で製造されました。 マットレスメーカーはウールをふわふわにし、生地のベースに広げて配置しました。次に、別の生地を上に置き、端を縫ってその巨大なクッションを閉じ、コーナーに新しいタイトなステッチを付けました。 最後に、リボンを片側から反対側に通して(その場限りの穴を通り、タイトなループで閉じる)ウールを保持します。このようにして、ウールを固定しました。

定期的に、ウールを清掃し、振り混ぜてほこりを払い、もう一度カードをとって、洗濯後にマットレスを同じ生地に再構成する必要がありました。 したがって、マットレスはほぼ100年後に私たちに到達することができました。